私は、結構昔から右脇の臭いがキツくて困っています。
左脇の方は、特に消臭剤をつけなくても全く臭わないのですが、右脇の方は消臭剤をつけてもまだ結構臭うのです。
なので、いつも出かける時には、消臭剤はもちろんですが、さらにクリームなども塗って、そして服にもしっかりとリセッシュなどを振るようにしています。
ただ、そこまでやっても、時間が経過するとどうしても臭いが生じてしまうので、常に消臭剤とクリームの所持は必須となっています。
もっとも、私も今年で26歳となるので、この歳になれば臭いが生じるのはごく当たり前のことらしいので、あまり過度に気にせず対策だけはしっかりとやっていこうと思います。

体臭を消すための香水

| 日記帳 |

交際をしている人から体臭が臭いと非難轟々でした。
そう、私は4日前からお風呂に入っていないのです。
ひどい時ですと夏でも気付くと一週間くらい入っていません。
水道代は一律なのですが肌が弱いためにお風呂にあまり入りたくないので
体臭が濃くなってしまうのです。
フランスだかスペインだかではお風呂に入るのが面倒なので
お風呂には入らずに香水を用いて体臭を消しているという、
地域全体で風呂嫌いな国がありました。
その国のお陰で香水が世界的に活性化したらしいです。
香水ですが、体臭を消す効果が甚大な香水を選ぶのが良さそうです。

ワキガトピックス

http://wakiga-navi.net/

体臭改善は体質改善から

| 日記帳 |

夏は汗をかくのでよくシャワーを浴びるけど、冬はあまり汗をかかないから毎日お風呂に入らなくても大丈夫!
…なんて言ってる人はいませんか?
目に見える汗がなくても、体中からいつも汗は出ているんです。
汗は乾くと臭いが出るので、毎日お風呂で汗を流しましょう。
私は運動不足気味でむくみがちなのですが、そういう体に溜め込みやすい体は臭くなりやすいらしいんです。
お風呂でゆっくり半身浴をして汗を出してしまって、それから丁寧に体を洗うとなんだかしばらく臭いの元を絶てる気がしませんか?
半身浴を続けると代謝が良くなって老廃物を体の外に出しやすくなるので、体臭も薄くなっていくと思います。
体臭は体質が原因のこともあるので、まずは体質改善をしてみることが大事ですよね。

最近ちょっと自分の体臭が変わってきたかな、っていう気がします。
若い頃はどちらかというと、好きなニオイでした。自分でいうのもなんだけど、良いニオイだったと思います。恋人にも「良いニオイがする」と言われる事が多かったですし。
でも、ここ最近、自分でも分かるくらい臭くなりました。
まさに体臭です。きっとこれが加齢臭というやつなのかな、とちょっとショックを受けています。
とはいえ、自分の生活習慣は特に変化していません。
入浴の頻度も、洗濯洗剤もシャンプーも、食べるものもほとんど変わっていないのに、自然とニオイって変わってしまうものなんですね。
一番気になるのが寝起きです。自分でアブラっぽいニオイがする、って気付いてしまうくらい。頭皮も臭くて、ファブリーズをかけてしまいたいくらいです。
どうやったらいいニオイに戻るのでしょうか?

わき毛は汗を含んでいて、においの原因になってくるようなことがありますが、できればない方がいいでしょう。そしてワキガの方は腋毛があればそこでにおいが強くなってきますので、きれいに処理をしておきたいものでしょう。そして腋毛の処理には、剃る以外にも抜くようなタイプがありますが、毛抜きで少しずつといったことでは自分ではうまくできません。そしてワックスで一度にたくさん抜くといったことがあれば簡単なのですが、すごく痛みがあります。
そして処理し損ねていたりしても、自分では余り見えません。そしてエステに行ってみると自分で見えないような場所もしっかりときれいに処理してくれるので、普通に脱毛をしたのでは、又生えてくることになり、何度も通えればいいですが時間がかかるのです。

□参考サイト
http://xn--tqqq42ewwo6ih.com/category9/entry30.html

年中気になるにおいのひとつとして、ワキガがあります。
ときどき、かなりきつい人がいて、すれ違ったりそばに来られただけで
においが鼻をつき、本当に病院に行った方がいいレベルの人もたまにいます。
自分自身のにおいも時々気になることがあります。
夏はやはり汗をかきますし、湿度が高いときはじわっとした汗をかくので
そういうときに、においを発生させていないか気になります。
なんとなく気になるときはトイレに行って確認するときもあります。
そのときににおいが発生しているときは、市販の汗ふきさらさらシートを使って
さっぱりするようにしています。これだけでもずいぶんにおいは抑えられます。
自分で発生させているにおいは気を付けていないと、わからないことが多いです。
いやなにおいを抑えて、できるだけ爽やかに過ごしたいです。